株式会社トレスレイ

Facebook Twitter YouTube
 
 

みなさんこんにちは。株式会社TRESREYのカスタマーサポートを担当している “ひげ” です。 この 「RC講座」 では、カスタマーサポートでよくあるご質問や修理を元に、みなさまに正しい組み立て方法やアドバイスをお届けできるよう、主に動画を使ってわかりやすく説明していきます。 質問やご要望がありましたら、カスタマーサポート (support@tresrey.com) 宛にお気軽にリクエストしてくださいね。

Phoenixのご質問は別のページでご案内しています。
 
 
 

プラグインシステムコネクターは絶縁の為の収縮チューブが付いてます。この収縮チューブが熱に弱い為、出来る限り短時間でハンダ付けを済ませるのがコツです。なお、モーターにコネクターを取り付けての作業はハンダごての熱がモーター側に逃げますので、お薦めできません。

動画を再生
 

講座で使用している「ハンダごて」は大洋電機(Goot)のKS80Rです。(カワサキのバイクみたいな型番ですね)
RC用途では80Wクラスのハンダごてがお薦めです。通電中は熱いので火傷に注意です!!

動画を再生
 

今回使用しているウルトラスポーツマンモーターの端子は熱に強く根性がありますが、すぐ下の黒い樹脂部分は溶けやすいので、ハンダごてが当たらないように注意して作業しましょう。

動画を再生
 

ESCの端子へのハンダ付けは出来る限り短時間で済ましましょう。途中、失敗したらハンダ付けで熱くなったESCを冷まして再度作業を行いましょう。ESCも人も熱くなり過ぎないようにですよ!!

動画を再生
 

今回の講座では一番難易度が高いです。ポイントはハンダの溶け具合を良く観察しながら作業する事です。暗い部屋に一人こもって作業すると良く見えませんので、明るい場所で作業しましょう!!

動画を再生